ブログの趣旨

このブログを作った目的

私は現在、医学部予備校で教務をしております。そこで日々、過去問研究をしております。その中で考えたこと、感じたことを情報発信してみようと思い、ブログを作成しました。また、生徒がよくする間違いなどもお伝えできたらと思います。

 

このブログの主な対象者

私立医学部の過去問を解いて、以下のことが気になる人を対象としています。

・その問題は解けるようになるべきなのか否か

・どれくらい解ければ良いか

・どれくらいの時間で解くべきか

その問題を解ける人は何を考えているのか

・類題が他の大学で出ているか

この辺りの情報を充実させていきたいと考えております。なので、皆さんから「~の情報が欲しい」と連絡を頂ければ、出来る限りのことはしていきます。

また、赤字で書いた「その問題を解ける人は何を考えているのか」については受験生時代から思い入れがあります。今も昔も有名な数学の先生は沢山いらっしゃいます。ちょっと前で言えば駿台の森先生や、最近では東進の志田先生などが有名ですよね。私も森先生の授業を受けたことがあり、確かに分かりやすかったです。

ただ、あくまで解説がわかりやすかっただけで、当時の私には何のタメにもなりませんでした。私はずっと「なぜそんなことを思いつくのか」を知りたかったのです。解説なんて赤本でいいよ、と思っていました(今も)。なので当ブログでは、ある程度出来る人がその問題を見て

・どこに注目するのか

・どこで諦めるのか

・どんな風に攻略していくのか

を伝えていければと思っています。よって、文章が多くなってしまうことはご容赦下さい。

 

もしかしたら、医学部予備校などで詳しい解説を聞ける環境にある人にとっては、あまり意味がないかもしれません。それよりは、

・通ってる塾であまり対策してくれなくて困ってる人

・塾に通っておらず独学で頑張ってる人

の方が得られるものが多いかもしれません。

 

このブログの効果的な使い方

上のような趣旨ですので、過去問に対して詳しい解説はしません。その辺は赤本でチェックして下さい。それよりも、

・自分に抜けている視点はないか(私に抜けている視点があったら教えて下さい!)

・取らないといけない問題を落としていないか

・典型的な問題の解法が抜けていないか

・解答時間は適切か

などをチェックして下さい。