【2020年版】私立医学部偏差値ランキング!1980や1990年度もあり!



河合塾の全統記述模試でC判定(合格可能性50%)が出る偏差値をランキングにしました。ただ、気をつけなければいけないのは、偏差値はあくまで目安だということです。偏差値を上げることを目的にした勉強はしない方が良いです。

・偏差値が足りてるので、合格するだろうから受けよう

・偏差値が足りていないので諦めよう

こんな考え方はやめて下さい。過去問をやってみて、合格最低点を狙えそうか狙えなさそうかで判断して下さい。合格最低点が発表されていない場合は70%辺りが正規合格の合格最低点だと考えておきましょう。

2020年度版 私立医学部偏差値ランキング

昨年度から偏差値が上がっているものには赤い下線を、下がっているものには青い下線を引いています。

大学名 方式 2019年 2018年 2017年 1990年 1985年 1980年 1975年
慶應義塾大学 一般 72.5 72.5 72.5 72.5 72.5 72.5 67.5
慈恵医科大学 一般・都枠 70.0 70.0 70.0 60.0 60.0 60.0 57.5
順天堂大学 全方式 70.0 70.0 70.0 57.5 50.0 55.0 57.5
日本医科大学 前期 70.0 70.0 67.5 60.0 57.5 65.0 60.0
東北医科薬科大学 A方式東北地域 70.0 70.0 70.0
産業医科大学 一般 70.0 67.5 65.0
東北医科薬科大学 一般枠・B方式東北地域 67.5 67.5・70.0 67.5・70.0
自治医科大学 一般 67.5 67.5 67.5 67.5 67.5 65.0 65.0
昭和大学 一般 67.5 67.5 67.5 55.0 50.0 60.0 52.5
東邦大学 一般 67.5 67.5 67.5 57.5 52.5 57.5 55.0
日本大学 A方式・全学部 67.5 65.0 67.5 60.0 55.0 57.5 55.0
藤田医科大学 愛知県地域枠 67.5 65.0 65.0 47.5 40.0 50.0 47.5
大阪医科大学 一般・大阪府地域枠・研究医枠 67.5 67.5 67.5 60.0 60.0 60.0 57.5
関西医科大学 一般・静岡県地域枠・大阪府地域枠 67.5 67.5 67.5 57.5 55.0 57.5 57.5
近畿大学 前期 67.5 67.5 67.5 57.5 57.5 57.5 50.0
久留米大学 前期 67.5 70.0 67.5 55.0 50.0 57.5 55.0
岩手医科大学 一般 65.0 65.0 65.0 52.5 52.5 57.5 57.5
国際医療福祉 一般 65.0 65.0 65.0
杏林大学 一般・東京都枠・茨城県枠 65.0 65.0 65.0 47.5 42.5 47.5 47.5
帝京大学 一般 65.0 65.0 65.0 52.5 47.5 47.5 47.5
東京医科大学 一般・茨城県枠 65.0 67.5 67.5 60.0 55.0 60.0 52.5
東京女子医科大学 一般 65.0 65.0 65.0 55.0 52.5 52.5 55.0
聖マリアンナ医科大学 一般 65.0 65.0 65.0 47.5 47.5 52.5 47.5
金沢医科大学 前期 65.0 65.0 67.5 45.0 42.5 47.5 47.5
愛知医科大学 一般 65.0 65.0 65.0 50.0 37.5 47.5 47.5
藤田医科大学 一般 65.0 65.0 65.0 47.5 40.0 50.0 47.5
兵庫医科大学 A方式・B方式 65.0 65.0 65.0 55.0 52.5 55.0 47.5
久留米大学 福岡県地域枠 65.0 62.5 65.0
福岡大学 一般 65.0 65.0 67.5 52.5 50.0 55.0 47.5
独協医科大学 一般(栃木県地域枠) 62.5 62.5 62.5 55.0 50.0 50.0 47.5
埼玉医科大学 前期 62.5 62.5 62.5 50.0 45.0 47.5 47.5
北里大学 一般・山梨県地域枠・茨城県地域枠・相模原市枠 62.5 62.5 62.5 52.5 45.0 50.0 47.5
川崎医科大学 岡山県地域枠 62.5
川崎医科大学 一般・静岡県地域枠・長崎県地域枠 60.0 62.5 62.5 50.0 47.5 47.5 47.5

親が医者で、後を継ぐために医学部を強制されている人も多いと思います(僕の生徒にも毎年のようにいます)。成績でとやかく言われる場合は、上の偏差値表を見せて、昔と今の違いを実感させ、黙らせましょう(笑)1975年だったら、ほとんどの大学は今の日東駒専レベルですね。

 

冗談は置いておいて、下がっているのは久留米大学・東京医科大学・川崎医科大学ですね。

・久留米大学は2018年度の70.0が高く出過ぎてしまったって感じで、67.5が適正だと思います。

・東京医科大学は不正入試の影響でしょう。高偏差値の人たちに嫌われたか、募集定員が少なくなったので出来る人たちが忌避したってところでしょうか。

・川崎医科大学は何で下がっちゃったのでしょう?現地(岡山県)でしか受けられないから高偏差値の人は避けるのは当然なのですが、微妙な人は受験した方が良いような。。。

ちなみに、地域枠とは卒業後一定期間(9年が多い)特定の地域で働くことを約束する代わりに、学費などで優遇を受けられる枠のことです。学費の優遇に関してはこちらをご覧下さい。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です