【過去問】東北医科薬科大学2018の考え方と解き方

東北医科薬科大学医学部2018の考え方&解き方を紹介します。また、取るべき問題、落としても良い問題も記載しております。すぐ下にある記号(◎や〇など)を参考にしてください。

・◎ 合格するためには取らないといけない問題

・〇 数学で点数を稼ぎたい人は取りたい問題

・△ 解かなくても問題ないであろう問題、もしくは経験がないと無理な問題

・✕ 制限時間内では解けないと思われる問題、もしくは難しい問題

大問1の解き方&考え方

大問1の問題

1.◎ 目標時間25分

よくある問題ですね。これは落とせません。時間をかけて満点を取って下さい。これを取れない場合は標準問題を解く知識が不足しています。もしくは理解が不完全です。理解が不完全だった人は、腑に落ちるまで考え続けて下さい。それが数学の勉強です。

 

例えば類題は以下にあります。

1対1対応の演習(微積分編)の p.86

基礎問題精講Ⅲの p.186

大問1の答え

アイ:\displaystyle \sqrt{2}-1

ウ~キ:\displaystyle \frac{4-\sqrt{2}\sin x-\left(2+\sqrt{2} \right) \cos x}{2\cos x}

ク~シ:\displaystyle \frac{\sqrt{14}-\sqrt{2}-2}{2}

スセ:\displaystyle \frac{\sqrt{2}}{4}

大問2の解き方&考え方

大問2の問題

2.〇 目標時間30分

簡単ではありませんが、ほとんど同じ問題が1対1対応の演習(微積分編)の p.137 にあるので、得点したい問題です。少なくても(1)と(2)のオまでは確保したい。2018年はこの問題が取れたかどうかで合否が分かれたかもしれません

大問2の答え

アイ:\displaystyle 5\sqrt{5}

ウ:1

エオ:\displaystyle m=4\sqrt{5}

カ~コ:\displaystyle m=\sqrt{5x^2-10x+85}

サ~ス:135

大問3の解き方&考え方

大問3の問題

3.◎ 目標時間25分

時間があれば解けるはずです。よくある反復試行の確率です。

大問3の答え

ア:8

イ:5

ウ~オ:\displaystyle \frac{1}{81}

カ:4

キ:5

ク~サ:\displaystyle \frac{16}{81}

シ~セ:\displaystyle \frac{8}{81}

ソ~チ:\displaystyle \frac{8}{27}

ツ~ト:\displaystyle \frac{16}{3}

 

東北医科薬科大学医学部2018のまとめ

合格最低点は公表されていません。2018年であれば、

・大問1と大問3は絶対に確保(落としても 1 つまで)

・大問2はオまで

で十分だと思います。もしかしたら大問2はイまででも勝負になるかもしれません。東北医科薬科大学は標準的な国公立と同じという感触です。変なクセもないので、1対1対応の演習(例題だけでもOK)を身につければ十分対応できると思います。また、時間設定は絶妙です。70分で3題なので、頑張れば解き終わります。各大問に20分くらいを割り当て、残りの10分をどれか終わりそうな問題に使う、という感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です